コラム

【食事編】パーソナルジムで結果を出すには食事も大事!

パーソナルジムに通うことを検討している方の中には食事について軽視している方がいるかもしれません。痩せるためには食事量を減らせばいい!これは間違ってはいません。食べる量を減らせば体重は減り痩せます。しかし理想的な身体や女性らしいしなやかな身体を作る上ではトレーニングを行い食事で栄養をとることが大切になってきます。”それはわかっていてもなかなか食事を意識するのが難しい”という方に今回は食事のポイントをお伝えします。

1日2食しか食べていない人は

いませんか?

食事は先ほども述べたようにバランスが大切になってきます。それはPFCバランスに限らず、食事量なども当てはまります。食事量は「朝:3・昼:5・夕:2」の比率が良いとされていますが夕食の量が少ないと感じる方もいるかと思います。これは夜に食事量が多くなると脂肪を溜め込む働きが強くなってしまうからです。そうすると1日2食の方は1食分減るため必然的に偏りが生まれてしまいバランスが崩れてしまいます。ですので食事は3食バランスよく摂ることをオススメします。そして、1日2食にするデメリットとしてまず、一つにインスリンショックが起こります。食事を摂った後急に眠気に襲われるなんてことを経験したことは、ありませんか?これは、2食にしたことで1食の食事量が増えてしまうことで血糖値が急上昇し、体は血糖値を急いで下げようとインスリンと呼ばれるホルモンを大放出させるのです。大放出した分血糖値は急降下し脳のエネルギーであるブドウ糖が脳まで届かなくなり、眠くなったり頭が働かなくなったりしてしまうのです。そして次にカタボリックという現象が起こります。これは食事と食事の間が長くなってしまうあまり途中でエネルギーがなくなってしまい筋肉を分解してエネルギーに変えてしまうのです。せっかくジムで鍛えたのにも関わらず分解してしまってはもったいないですよね。

糖質制限なしで食べても

太らない身体を作る

ダイエットや食事管理といえば糖質制限とまず話題にあがりますよね。でも生活の中で糖質を抑えるというのはかなり難しい事です。主食であるお米やパンや麺にも糖質は含まれているものを制限するというのははストレスに感じる人も多いのではないでしょうか。食べたいのに食べられないというのは我慢を生じてしまいます。出来るだけ我慢したくないでも太りたくもない。それを実現する方法があります。「太らない身体を作る」という事です。その為に基礎代謝を上げるということがポイントになってきます。基礎代謝とは、1日中寝ていたりゴロゴロ家の中でこもっていたり全く体を動かさなくても消費されるカロリーです。では、どうすれば基礎代謝が上がるのか。それは筋肉をつけることです。体の中でも大きなお尻の筋肉や太腿の筋肉を鍛えることで基礎代謝はあがり太らない身体を作ることができるのです
お尻を鍛えればヒップアップにもなり太いまかららない体も同時に作る事ができます。今からダイエットをしようと思っている人にも、今の体を維持していきたいという人にも基礎代謝を上げるということはとても大事になってきます。パーソナルジムにきてトレーニングする事で、理想の体を目指しつつ太らない身体も作る事ができるのです。

どういう選択肢が1番正しいのか

知ろう!

全ての栄養に意味があって、全てがとても大切です。そして良い栄養だからといって偏った食事にするのではなく、バランスよく栄養を摂取ししっかり3食食べましょう。なぜなら食事量を減らしトレーニングを続けても筋肉に栄養が行かなくなりせっかくトレーニングしたにも関わらずトレーニング効果が十分に得られなくなり、筋肉も成長しないのでメリハリのある女性らしい身体ではなくただただ細い身体が出来上がってしまいまう上、食事を摂らなくなると肌荒れや腸内環境が悪くなり代謝機能が落ちるなどマイナスづくしです。食事はとにかくバランスが大切になります。糖質・脂質・タンパク質この3つの内欠けていいものはありません。糖質は日々の身体や脳を動かすエネルギー源です。それがなくなってしまうと筋肉を分解して補おうとします。そうすると筋肉が落ち、代謝が下がり痩せにくい身体になってしまいます。脂質は肌がカサついたり腸内環境が崩れたりします。タンパク質は人の身体(筋肉・皮膚・骨など)を作るのに欠かせない栄養素です。なので、よく〇〇ダイエット法というのが出回ったりしますが、〇〇だけ食べていればいいのではなく。きちんとしたPFCバランス(タンパク質・脂質・糖質のバランス)に基づいた食事が大事になります

まとめ

トレーニングする事と同じように食事はとても大事です。パーソナルジムに来たから結果が出るのではなく、パーソナルジムでしっかりトレーニングして、しっかり食事で栄養を摂る事で理想の体に近づく事ができます。SNSなどでいろんな情報が溢れていますが、トレーニングだけや食事だけと偏りがないように両方を意識し、しっかりと見極める事が大切です。まず何よりもバランスよく3食食べるという事を意識していきましょう。

コメントを残す

*